明石・加古川・神戸・三木のカルトナージュ&タッセル教室アトリエ・ペルシュ

出張レッスン&イベントスケジュール

★イベント出展予定
★カルトナージュ教室 1dayレッスン
  • 2018年1月21日(土)23日(火) 10:30~12:30 ルネ・デュー神戸店 北欧生地でつくるカルトナージュ『二つ折りパスケース』or『フォトスタンド』
  • 2018年1月21日(土)23日(火) 13:30~ ルネ・デュー神戸店 北欧生地でつくるカルトナージュ『バスケット』or『チョコレートボックス』
(工房での一日体験を承ります。→工房について

タグ:カッター ( 3 ) タグの人気記事

当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください
6年ほど前からカルトナージュ用のカッターは
オルファのリミテッドシリーズLtd-01
特選黒刃を愛用しています。
すごく切れ味がよくてカルトンもサクサク切れるんです!
ちなみに私は常に細いカッターを使っています。

ただ、ちょっと衝撃に弱いみたいで、
すぐ刃先が欠けてしまうのが難点……。
切れ味を保つために、頻繁にポキポキ折らなけば
いけないのが悩みどころでした。

そんなある日、イベントでお話していた革工作家さんから、
オススメのカッターを教えて頂きました!
a0226837_23004843.jpg
右側が6年以上愛用している黒刃。
そして左側が、教えて頂いたスコッチの
チタンコートカッターです♪
黒刃に対して金刃と呼んでおります。

切れ味と固さは抜群!
刃先もなかなか折れず、切れ味も落ちず、
1カ月ほど使っていますがまだ一度も折っていません。
a0226837_23050847.jpg
ただ、ひとつどうにもならない難点が……

スライドのパーツがゆるいのか、
カルトンを切っていると勝手にスライドして
カチカチ……と刃が長く出てきてしまうんです(´_`。)

これでは綺麗に切れないし、何より危ない。

そこでこうなりました。
a0226837_23075097.jpg
オルファの本体に金刃を入れて、カルトン用。
スコッチの本体に黒刃を入れて、ケント紙用。

試しに使ってみたら、ものすごく切りやすい!
刃の安定性もバッチリ。
今後はこの組み合わせでいってみようと思います(^O^)/


★ランキング参加中!ぽちっと応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ 教室・スクール検索『趣味なび』 


[PR]
当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください
by atelier-perruche | 2016-09-06 23:00 | カルトナージュ用品・道具 | Comments(0)
以前神戸クラフトコレクションさんのブログでも書かせて頂きましたが、
アトリエ・ペルシュのブログをご覧の方の中にも
カルトナージュを始めたい・始めたばかりの方がいらっしゃるそうで、
道具や材料についてご質問を頂くことがありますので、
こちらにも加筆修正して載せておきますね♪

★★★=絶対必要
★★☆=なるべく用意したい
★☆☆=あると便利
a0226837_21181545.jpg
(写真右から)

裁ちばさみ ★★☆
布貼りをする場合は必要になります。
スキバルやジョリパピエなど紙素材を使う場合は不要です。
大物を作る時(布を大きく切る時)にはあると便利ですが、
上質なクラフトはさみなら代用することもできます。
(私は布も近正のクラフトはさみで切っていることが多いです)

クラフトはさみ ★★★
ご家庭にある普通のはさみでOKです。
(見た目が古くて汚いので写してませんが、私が幼稚園の時の
お道具箱や、小学校に入る時買ってもらった文具セットに
入っていた、20年モノのはさみでも充分使えます♪)

写真にうつっているのはプラスのフィットカットです。
500円以下のクラフトはさみならこれが一番オススメ!
レッスンで生徒さんに使って頂いているのもこれです。

1000円以上出しても構わない!ということでしたら、
近正のファンクラフトに勝るはさみには出会ったことがありません。
切れ味はもちろん、小回りも利くのでこれさえあれば細工はさみもいらないくらいです。

細工はさみ ★★☆
先が鋭く尖っているはさみです。
角の処理など細かいところに大活躍します!
1本あると細かい作業が格段に楽になりますよ♪
写真にうつっているのは北欧フィンランド産、フィスカース社の細工はさみです。
フィスカースは世界的にも有名ですし、カルトナージュをなさる方の間でも大人気♪
クラフトはさみと細工はさみのセットもあります。

目打ち ★☆☆
金具などをつける穴をあけたり、
小さな隙間に糊を塗って補修する時などに使えます。

カッターナイフ 大 ★★★
カッターナイフ 小 ★☆☆
カルトナージュで主に使われているのは、
日本製の刃が折れるカッターとフランス製の替え刃式カッターで、
私は日本製オルファの黒刃を愛用しています。
フランス製のカッターはグリップが安定して長い直線もブレないそうです。
日本製のカッターは切れ味が鈍ったらすぐ折って取り戻せます。
このあたりはお好みで使いやすいものを!(ちゃんと切れれば何でも良いのです)
ちなみにアトリエ・ペルシュのレッスンでお使い頂いているのは、
本体は100均、替え刃だけオルファです(´∇`)ゞ
(うちのレッスンではめったにカルトンを切らないのでこんなのでもOK!)

シャープペンシル ★★★
均一な線が引ければどんなシャーペンでも構いませんが、
私のイチオシは製図用の0.3mm(芯はB)です!
定規に沿って細い線をくっきり書くのに適しています。
私はステッドラーの製図用シャープ925を学生時代から愛用しています♪
レッスンでお使い頂いているのはぺんてるのグラフギア500です。
カルトナージュは建築物の製図ほど精密じゃなくていいので、
あまりグレードにはこだわらなくていいと思います。

へら ★★★
いろんな形のへらがありますが、カルトナージュ用には
写真のような先細へら(プリヨワール)を使います。(大きな平面にはパヴェもあると便利)
へらの使い勝手によって制作の効率が全然違います。
これだけはこだわってカルトナージュ用のものを選びましょう!!
★5つ付けてもいいくらい大事です。
実を言えば4年前にカルトナージュを始めた時は、
何もわからずに手芸用の印つけのへらや、安物の粘土へらを使っていました……。
が、先細へらに出会った時は、その使いやすさに衝撃!!
これは代用の効かないものだと身に染みて実感しました。

筆・刷毛 ★★★
糊(ボンド)を塗るのに使います。
最初の1本には20~30mm程度の平筆が使い勝手が良いです。
あとは必要に応じて、細いものや太いものを追加。
油彩用またはアクリル画用の筆を使います。
水彩用ではコシが弱すぎて糊の粘りに負けてしまいます。
合成繊維でも良いですが、ものによってコシが強すぎたり弱すぎたり、
差が大きすぎて選ぶのが大変かもしれません。
(ちょうど良いものに出会えれば、天然毛より安価な場合があります)

私は丈夫で安価な豚毛の筆を愛用、レッスンでもお使い頂いています。
コシが強くて糊をよく含み、頻繁に糊を足さなくてもスッと伸ばせます。
ただしおなじ豚毛でも産地によって品質がバラバラです。
きちんとしたメーカーのものを選びましょう!
(美術系に足を突っ込んできたので筆にはちょっとうるさいです)

クラフトテープ(水張りテープ) ★★★
切手のように糊面がある紙テープです。
これがどこで手に入るかわからず悩まれる方が多いみたいですね。
画材店の水彩用品売り場に“水張りテープ”という商品名で置かれています。
(緑のものが多く、茶や白は置いていないところもあります)
KCC取扱のフランス製のクラフトテープはたっぷり200m巻き、
画材店にあるものは50m巻きくらいが一般的です。
小さな作品でも表裏貼っていると結構な消費量ですので、
お近くに取扱店が無くこまめに買い足せない場合は、
50m巻きなら2~3本買っておくといいかもしれません。
湿気で貼りついてしまうので保管には注意してください!
乾燥材を入れた缶やジップ袋、湿気を吸ってくれる桐素材の箱や引き出しに
保管すると良いそうですよ♪(私はジップ袋に放り込んでいます)

ちなみにフランス製のほうがやや薄くて、布を貼った後にクラフトテープの
段差が出にくいので、私はフランス製のほうが好きです。

クリップ ★★☆
糊で貼った部分が定着するまでクリップで押さえておきます。洗濯バサミでOKです。
ギザギザがついているものや挟む力が強いものは、
クリップの跡がつくことがありますので、間にハギレを挟んで使います。
私は100均のウッドクリップ(大)を愛用しています♪
ギザギザが無くて挟む力もちょうどいいです。
レッスンでもお使い頂いているので、計100個くらい持っています(笑)。

カッターマット ★★★
A3サイズ以上で、少し厚みのあるものを選びましょう。
硬いものより少し弾力のあるもののほうが使いやすいです。
良いマットを使うと刃の保ちもいいですよ♪
自分用もレッスン用もオルファのA3を使用しています。
[PR]
当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください
by atelier-perruche | 2011-10-23 22:14 | カルトナージュ用品・道具 | Comments(0)

運命の出会い!?

前々から布をまっすぐ裁断するためにロータリーカッターが欲しいなぁと思っていました。
箱の表地の継ぎ目など、どうしても微妙にできてしまう段差、
布がまっすぐに裁断されていると、あまり目立たず綺麗に見えるんですよね。

これまでは裁ちばさみと、切れ味の良い近正のクラフトはさみ
ちまちま頑張ってきましたが、やっぱりロータリーカッターには敵いません。

でもロータリーカッターって、あんまり可愛いのないんですよね(;´▽`A

例外があって、数年前にオルファから限定発売された花柄の
めちゃめちゃ可愛いロータリーカッターがありました。
パッケージが英語で書かれていて、たぶん逆輸入品なのかな?

でも限定品ですからあっという間にあっちもこっちも売り切れていって、
私がネットで探しまわって、買おうとした時にはもうどこにも在庫がなかったんです(゜ーÅ)

それがですね……

手づくりフェアー2011の打ち合わせのため、初めてカドタさんの稲美本店へ行ったのですが、
なにしろ初めての場所なので早く着きすぎたのですよ。
それで店内を何となく物色していたら……



棚の一番下に、あったーーーーー!!!??



他の商品に隠れるようにして、ちょっとホコリを被って置いてあるパッケージが、
燦然と輝いて見えましたよもう(´∩ω∩`)

もちろん迷わず即その場で購入!

a0226837_15195011.jpg


お気に入りの道具がまたひとつ増えました~( *´艸`)
形から入る人間なもので、モチベーション上がりまくりです♪♪
[PR]
当ブログの画像・文章の無断転載はご遠慮ください
by atelier-perruche | 2011-09-16 15:29 | カルトナージュ用品・道具 | Comments(2)

ナチュラルポップな色柄の生地で毎日使えるカジュアルなカルトナージュを楽しんでいます♪作品紹介やレッスン情報などを配信しています。


by まる